大切なペットを最後まできちんと見送る~私たちがやるべきこと~

遺体を長期保管するには体を冷やすということが重要です 遺体を長期保管するには体を冷やすということが重要です

長期保管でも別れは必ず訪れる~遺体を安置した後に飼い主がやる事~

長期間ペットの遺体を保管できたとしても、いずれはお見送りをしなければいけません。悲しい気持ちを乗り越えて次のステップへ進みましょう。ここでは実際のペット供養の方法をご紹介します。

エンバーミング業者よりもペット供養業者

日本のペット供養は海外でも評価の高いので、エンバーミングよりは日本のペット供養を利用する方がよいでしょう。それにはちゃんとした理由があるのでご紹介します。

ペットの保管に最適なドライアイスを用意しています。(ペット供養業者/男性)

日本でもエンバーミングを行ってくれる施設はありますが、エンバーミングに関する法律がまだ整っていないので予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。ペットの保管を長くしたいと望むなら、ペット供養業者に依頼をするのがよいでしょう。業者ではペットを保管する専用のドライアイスを準備しています。極めて低温なので長期の保管ができます。

ペットの遺体を保管できる日数

ペットの保管できる期間は季節によっても異なります。例えば夏の暑い季節だと傷みが早く、冬だと若干傷みにくくなります。業者によってはペットを保管すると、その保管日数によって料金が発生することがあります。業者で保管するメリットとしては、遺体が傷むのを最大限に防ぐ処置を施してくれます。自宅で保管するのに不安がある方は一度業者に相談してみるのもよいでしょう。

ペット供養業者で丁寧に見送る

ペット葬儀

ペットの遺体をある程度安置した後には、丁寧な供養が必要となります。ペットを埋葬するにはいくつかの種類があり、単独でお墓に入る方法と、他のペットと一緒に入る合同供養があります。また自宅での手元供養も選択できるのでペットの供養をご自分で行いたいという方にはおすすめです。

TOPボタン